www.baldsolidarity.org

クレジットを店にて決済する際に、もれなく経験があるのではないかと思うのですがレジのスタッフがわかっていないことでどちらのレシートをカード利用者に渡すのか迷う時があります。というのは、クレカを機械に通すと機械から数枚のレシートというものが出力されるためそれらのうちどちらを利用者へ渡すべきかわからないということがあります。3枚の紙の説明)これらの複数のレシートの解説はいかなるものかをまとめると以下の記載のようになります。1利用者に保管して頂く使用明細。2お店の控え利用明細。3クレジットカード会社控え明細レシート(サインを行う紙)。通常であれば絶対利用者に対して保管して頂く使用レシートを渡してくれるのが正しいのですが時々店舗控え用の利用レシートをカード利用者側へ渡す場合の他記名した方の使用レシート自体を渡してしまうというといった重大なミスさえも見受けられるのです。このようなパターンはアルバイトの人の場合やあまりカードというものが使われない店舗などの会計にてカードを利用する際、従業員の動揺というものが垣間見れるだろう。今後誤った明細レシートというものを提示してときは、どうぞ「これじゃありませんよ」と一言直してください。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.baldsolidarity.org All Rights Reserved.