www.baldsolidarity.org

契約店舗でどれもの所有カードが使用できるのでもありません。◇クレカ会社の加入店舗は多くは、複数のクレカ会社とライセンスを結んでいますが、ちょっと不便ですがみなの商店であらゆるブランドの所有クレジットカードが決済可能なわけじゃありません。例えば旧態然としたショップのときはJCBの印の入っているそのカードしか使用不可な状況もあるし最近のお店だとVISAとかMasterCardといったロゴのクレジットカードだけしか使用できないときもあります。銀聯カードなどのクレジットカード会社の場合、よけいに切れない場所が増えると思います。どの印のクレカが決済できるかをどうやって見分けたらいいの「だったらどのようにして何の所有クレカが切れるかを判断するといいんだろう?」という質問だけど確実にチェックするのにはお店の従業員にお見せしてみる以外ないというのが実はその答えです。ただおおよその売り場や料亭にはエントランスのところなどに決済できるカードのブランドが書かれた認証マークがあることから、「そうなんだあそこのレストランではJCBが切れるんだな」という感じにわかるようにされてるから記憶にとどめておいていただけるとよいと思います。しかしながら、正しく管理が行き届いていない加盟店で使用する際にはマークが貼り付けられているショップでも「当店ではお持ちのカードは決済いただけません」みたいな回答を受けてしまうなんてこともないといえなくもなくあたふたしてしまうこともなくもないです。余裕があればできる限りは十分な数の加入店でクレジットカードが有効であるようにするために異なる種類のロゴ(国際マーク)がプリントされた一般的なビザカードMasterCard、ダイナースカード、というようなクレカをいくつか持つようにお勧めします(例:ニコスカードを使っているならもう一枚はアメックスがついているカードを持つなど等)。とりわけ日本においてはVISAカード、マスターカード、JCBカードの書かれているカードをいつも使っていればほぼ100%近くの契約店舗で少なくとも1枚のカードを使うよう準備万端というわけです。クレカを活用してカードライフを目指すならば別々のクレカを契約しておいていただくようお勧めします。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.baldsolidarity.org All Rights Reserved.