www.baldsolidarity.org

新幹線等の乗車チケットなどを大量に購買してしまう→クレカ現金化サービスを使わないで、利用者自身が換金を目的としてクレジットカード決済をすることであっても同様。換金することを意図したカードショッピングというものはクレカのカード規約違反となってしまうことからです。複数枚の新幹線の旅券の他切手販売におけるカード使用は、換金する目的なのでは??などと目をつけられてしまう恐れもあり得るため、気をつけることを要します。それから、利用時にキャシング利用額がいっぱいになられているユーザーのケースは、電車等の回数券などを購入することにトライするだけでもカード発行会社の担当者から確認が入ってしまう場合もあるから資金がない時の利用は出来なくなると思われます。懐事情に問題のある場合にする内容は皆、同じようなことなのです。カードの発行会社の立場からみて都合の悪い使用法をすること・・・少し前に流行していた『永久期間』など、発行会社にとって微塵もメリットとなり得ないようなルールに違反した使用をすると、クレジット発行会社の方から強制退会という扱いになることというのもある。インターネットに話題になっていたクレカポイントの不正入手などの世間に知れ渡っていない方法がある場合でも、それらの情報というものは全てカード会社のルールに反する行為となるからまず使わないようにしないほうが懸命でしょう。没収させたられてしまった個人情報は他のカード会社へ知られる→強制退会させられてしまったとしても、その他のクレジットカードというのは使えるから1枚くらいは良いじゃん?などと考えた人は、現代の情報社会ではその考えが信用を消失する危険もあるでしょう。その理由は、そもそも没収させられてしまうような状態となると、クレカの会社によって見ることが可能な信用情報にそのカード情報が記録されてしまうので強制退会された人の信用情報というものがなくなる事態があるのです。どこかたったひとつですら強制没収させられてしまえば、以後カードでさえも契約できなくなってしまいますし最悪今所持しているクレジットまで強制失効させられる可能性もなくはないのです。幸運にも継続して使用できる場合でも使用期限切れを迎えると継続利用できなくなると思われる。何回も記載させてもらっているが、失効となるほどの使用方法はどんな理由があってもすることがないよう規約に則ってクレジットカードをご利用頂きたいと思う。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.baldsolidarity.org All Rights Reserved.