これらの通貨以外の動きが少ない通貨について

外為取引(FX)の投資をする上での的は、各国それぞれの通貨があります。

公式貨幣について勉強してみたいと考えています。

・貨幣には「基軸通貨」という名称でよばれる通貨がございます。

基軸通貨の意味は決済について金融機関の取引に際して主に使用される流通通貨のことを指し現段階では米ドルの事をいいます。

一昔前は英ポンドが基軸通貨でありましたが、第二次世界大戦が終わった後アメリカ合衆国ドルになりました。

・FXを使ってやり取りされる貨幣の種類に関しては、他で言うところの外貨の投資に比較してとても頻繁というのが特性なのです。

FX専門業者間により扱っている流通貨幣の種類は違ってきますが普通では20種類前後の模様です。

20種類の中でも流動性が大きい公式貨幣を、メジャー通貨と称します。

流動する性質が高いとは取引きが実施されており、公式通貨の売買が簡易なことです。

メジャー貨幣には上記で述べた基軸通貨であるアメリカ合衆国ドルに、日本の円、EUROの3つの通貨があり世界三大通貨と名付けられています。

ニュージーランドのドル、カナダドルなどが準メジャー通貨と言われております。

これらの通貨以外の動きが少ない通貨についてはマイナー通貨と呼ばれ、やや国力や経済における力が弱い国の貨幣で南アフリカランドや人民元、メキシコペソなどが広く支持された通貨は、行き渡りされてる量が膨大ですという事もあって、価格の起伏が静止していて情報の量も多くいきかっているようです。

マイナー通貨については、金利が高値な場合が多く、値の高安がかなりあるみたいです。

値動きがすごいいうことは、絶大な利潤を得る好機がありますが儲けがある分リスクも大きくて不安定です。

それと同時に動きが弱い流通通貨であるからして終了したい際に終了が及ばないかもしれない事があるのです。

どの通貨をセレクトするのかという事については、各々の流通貨幣の性状を詳しく吟味してから実践する必要があると考える事ができます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.baldsolidarity.org All Rights Reserved.