先進医療

「先進医療特約を付加していただくと、例えば手術をされて、 それが先進医療だった場合、その技術料の自己負担分を 例えば1000万まで補填しますよ」というような内容が先進医療です。

1000万まで保障してくれるわりには、保険料がとても安いので お守り代わりに持ちたいと思われる方もおられるかもしれません。

今現在先進医療であっても、近い将来は一般的に受けられるものになれば、 先進医療の項目から外れますが、その頃にはまた新たな医療技術が 先進医療に追加されていると思います。

しかし、先進医療を付けるか付けないか、ちょっと悩ましい選択でもあります。

「先進医療を本当に自分が受けられるのかどうか」 という見方もあるからです。

例えば日本にまだ数台しかない医療器械を使って治療する先進医療を 自分が受けられるかどうかということです。

保険料が安いということは、それだけ保険会社が支払ったケースがなく、 お客様もまだ受け取るチャンスが頻繁にないという言い方もできます。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.baldsolidarity.org All Rights Reserved.